先輩からはよく「早く結婚しろって!」と急かされる。余計なおせっかいだとも思うが、結婚話を聞かされると、「うーん……」と考えさせられてもしまう。結婚は30過ぎでよいと考えている自分に対し、20代のうちに結婚がいいってという先輩。どちらが僕にとって良いのか、分からないでいる。

早くに結婚はしたくないというのは、お金的な理由もある。稼ぎが安定し、蓄えができたところで僕は結婚したい。結婚を考えるまでは仕事に注力しておきたいのだ。結婚してからがんばればという意見もあるだろうが、僕は結婚したら奥さんを第一に考えてしまうのは間違いない。だから、やる気のある今は仕事しか考えたくないのだ。誰かと付き合うなんてのも考える余裕は無い。

だが、先輩にはお金が無いのに結婚をしてしまった人もいる。職場の人なんですが、フリーター生活をしていた時、将来の稼ぎの不安がある状態にも関わらず勢いで結婚してしまったそうだ。「彼女も働いてたし、共働きでいけばいいや」って思ったそうだ。なんて甘い考えだって思いましたけど、その後奥さんが妊娠して産休が必要になると、こりゃ稼がなきゃ! ってことで今の会社に転職して必至にがんばるようになった。そして今では子どもは2人、マイホームも建ててしまった。

結婚した当初は極貧だったそうだ。フリーターの先輩の稼ぎは月15万ほど。奥さんは20万ほどで2人合わせれば余裕で30万を超えていたのだが、クルマのローンと都内の高い家賃、年金に税金にとあれこれ払っていたら、遊ぶ金なんてほとんど無かったそうだ。もちろん貯金なんかもできるわけが無く、結婚式は無し。新婚旅行はバイクで2泊3日のタンデムツーリング。式は転職が決まって落ち着いてから、ようやく挙げたとのことだ。

思い切りのある人は、後先考えずとも成功できるものなのだなと感心した。僕もそうであれば良いのだが、根本が心配性で神経質で、しかも女性に対して奥手なものだから、無理だ。先輩の真似事はできない。先輩は「20代のうちに結婚だけしちゃえって!」って言いますけど、僕はやっぱり落ち着いてから出なければ無理想だ。精神的に不安を感じてしまってできない。思い切れない。

  • Posted on 7. 11月 2013
  • Written by non24
  • Categories: 未分類
コメントは受け付けていません。

Comments are closed.